新型コロナウイルスの影響により、しばらくの間、試作工場を閉鎖させて頂いております。大変ご不便おかけ致しますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

制作実績

電気グリル鍋への印刷

電気グリル鍋5台に印刷出来ないかとお問い合わせがあったのは、数か月前のこと。

TOFFYというメーカーのお洒落なグリル鍋でした。

商品はコチラ→https://ladonna-co.net/products/item/k-hp2/

このグリル鍋の側面2箇所に印刷したいというご相談。

なかなかの大きさです。

電気鍋を立てて印刷しますので、受治具の製作が少々難しい。

受治具とはその名の通り、印刷対象物を印刷する際にしっかりと支えたり、治めたり、しっかりと受ける器のような物を指します。

その受治具のほとんどを社内で製作します。

まずはインキが定着するかのテストをし、そしてお客様から入稿されたデータで試作をします。

OKが出たら本製作へ。

先日、やっと5台の電気グリル鍋へ印刷しました。

たった5台とはいえ、印刷位置は2箇所。

1箇所印刷したら乾燥させて、2箇所めのセットアップして印刷します。

印刷はセットアップ(位置合わせ)が一番時間がかかります。

電気グリル鍋は重いし不安定だし、なかなか大変な作業でしたが、すべて綺麗に印刷することが出来ました。

その達成感はひとしおです。

手にしたお客様が喜んでくれますように。

 

 

 

コメント

この記事へのトラックバックはありません。